健康維持にサプリメントを役立てよう

健康維持のために、国内外で広く役立てられているのがサプリメントです。おもに食事で不足しがちな栄養素を補うために活用されています。


食事に気をつけた上で、補助的にサプリを使おう

サプリメント大国といえば、アメリカでしょう。アメリカではどの家庭にも何らかのサプリが常備されており、誰もが日常的に使っているといわれています。

それは、アメリカの医療費が高いこととも関係しているようです。国民皆保険制度のないアメリカでは、日本人のように風邪程度で病院にかかることはまずありません。そのぶんアメリカ人は「自分の体は自分で守る」意識が高く、優れたサプリメントの開発にもつながったのでしょう。

日本でも、忙しくまともな食事がなかなかとれない人が増えたこともあって、サプリメントはかなり生活の中に根づいてきました。ただしサプリメント(supplement)はもともと「補足」という意味ですから、あくまで不足している栄養素を補うことが目的です。 基本は、なるべくバランスのとれた食事を心がけ、その上で足りないと思われる栄養素を上手に補うようにしましょう。


自分に合ったサプリを探してみよう

どんなサプリメントを使えばいいかは、人それぞれ異なりますが、無難なものとしては「マルチビタミン」があります。体に必要なビタミン類をバランスよく含んでいますので、野菜や果物が不足している現代人なら基本的に誰にでも向いているサプリです。

また貧血気味の人は鉄分のサプリ、便秘がちな人には乳酸菌のサプリなどもあります。いずれもなるべく食品から摂取するようにしたいところですが、補助的にサプリを使うのも1つの方法です。まずは自分の体質や、食事の傾向などをチェックすることから始めましょう。

その他、妊娠中の女性に人気の葉酸サプリや、精力増強したい男性に人気の亜鉛サプリ、また男女関係なくホルモンバランスを整えてくれる「マカ」などのサプリもあります。 近年では、震災後の放射能の影響を減らすといわれる「ビール酵母」や「アップルペクチン」などのサプリも人気です。


サプリの過剰摂取には気をつけて!

サプリは薬ではないとはいえ、体に直接入るものですから、使い方はきちんと守る必要があります。

たとえばビタミンには「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の2種類がありますが、脂溶性のほうは尿として排出されないため、とりすぎてしまうと体内に蓄積しやすい特徴があります。

たとえば水溶性であるビタミンCなどは、少し多めにとっても体外へ出ていくのですが、脂溶性であるビタミンA、D、E、Kは過剰になりやすいため気をつけたほうがいいでしょう。特にビタミンEは、アンチエイジングの効果があるとして人気の成分ですが、過剰摂取によって心臓病のリスクが高まるという報告があります。

もちろんビタミンCにしても、とりすぎると下痢や吐き気、尿管結石などのリスクが高まるとされています。こういった副作用を起こさないためにも、マルチビタミンを使うのなら他のビタミン剤は併用しないことが大切です。