ストレス解消し健康も手に入れたい!オススメのストレス解消法

社会が複雑化した現代では、誰もが日々、多くのストレスと戦っています。ストレスをためすぎると、健康にも影響を与えるようになります。

定期的にストレスを解消することは、病気のリスクを軽減し、結果的に医療費を節約することにもつながります。

しかし、ストレス解消法の中には、かえって健康を害するような結果をまねくものも存在します。

医療費を節約するためにも、自分に最適なストレス解消法を見つけることが大切といえます。


娯楽系のストレス解消法

すぐにストレス解消できる方法として、お酒を飲む、ギャンブルをする、おいしい物を思いっきり食べる、ゲームをするなどの娯楽系のストレス解消法があります。

「仕事帰りに一杯飲むのが最高の幸せ」など、毎日飲酒される方も多いかもしれません。

これらの娯楽系のストレス発散法はどれも、一時的にはストレスを大きく減らしますが、長い目でみると健康を害する結果となります。

たとえばおいしい食事は、連日のように栄養過多のものを食べ続ければ、肥満、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクを増大させ、大きく健康を害することにつながります。 また、アルコールやたばこは習慣化しやすく、なかなか止められなくなるため、将来にわたって多大なリスクを背負うことになります。

このように、長期的な健康を代償にして、現在のストレスを発散させているともいえるため、娯楽系のストレス発散法しか持たないことは、健康面ではやや危険といえます。


休養と運動

人は、日常生活とは別の行動をすることで、ストレスを解消するようにできているそうです。

接客業、建設業など、肉体を酷使する人は、体を休めることが一番のストレス解消法と言われています。温泉でゆっくりと湯船につかる、自然の中でくつろぐなどが効果的です。

また、温泉には血行促進効果もあります。体内の血流を改善し、細胞を元気にすることで体調を整えます。自然の中で深呼吸することも、体内に多くの酸素を運ぶこととなり、体内の免疫力をアップさせるといわれています。ヨガやストレッチなど、静的な軽い運動もオススメです。

逆に、デスクワークが主の仕事をしている方は、運動がストレス解消になります。朝の軽いジョギングやウォーキングももちろん良いですが、仲間と行うチーム競技、例えば草野球やフットサルなども続けやすく、効果的です。

適度に体を動かすことは健康にもよく、ストレスも発散されやすいので、病気の予防効果は高いといえます。

ただし、夢中になりすぎて限度を超えた運動をする事は、かえって体を壊します。適度な運動を心がけるのが大切です。


新たなコミュニティに参加する

毎日、職場と家庭を往復するだけ、同じ人間としか顔を合わせない。そんな生活が続くと、ストレスも溜まりやすくなります。

特に男性は、地域や子どもを介した人間関係を形成することが少ないため、日常とは別のコミュニケーションに参加する事が少なくなりがちです。積極的に日常とは別のコミュニティに参加すると良いでしょう。

最近はインターネットの普及で、ネットを通した人間関係も簡単に作ることができます。ですが、できれば実際に顔を合わせられる関係を持った方がいいでしょう。 絵画や写真、音楽などの趣味の教室に通うのも、新たな人間関係をつくるのに最適です。 共通の趣味の話題ですぐに打ち解けられますし、利害関係もないので、学生時代のように何でも話せる仲間となる可能性が大です。

コミュニケーションには多くのストレス発散効果があります。気の合う仲間を探しに、趣味の教室をのぞいてみてはいかがでしょうか?