性感染症に気をつけよう!

性感染症(性病)とは、性行為を通じて感染する病気のことです。英語のSexually Transmitted Diseasesの頭文字をとって、STDとも呼ばれています。性行為といっても、ペニスをヴァギナに挿入するものだけではありません。腟性交以外にも、口腔性交や肛門性交も含んでいます。口腔性交とは、口や舌を使ったオーラルセックスのこと。フェラチオ・クンニリングス・リミングを指します。リミングはあまり馴染みのない言葉かも知れませんが、アナルをなめたり舌を挿入したりする行為のことです。肛門性交はアナルセックスです。

一昔前までは、セックスといえば膣性交しかしない人が大半でしたが、最近ではクンニやフェラをするのは常識となりリミングも一般的になりつつあります。アナルセックスについてはまだ一般的とまではいえませんが、若い世代にはかなり広まっており、それほど遠くない将来において普通のものとなるかも知れません。性感染症は、かからないように予防することが大切ですが、かかってしまったらすみやかに治療を受けることが大切です。


挿入しなくてもうつる!?

セックスしなければうつらない、挿入さえしなければ大丈夫、と思われがちですが、性感染症は口からもうつります。唾液を通じてノドに感染するのです。精液や膣液からもうつります。「安全な相手」とする場合には特に問題はありませんが、よく知らない人や風俗嬢などとする場合には、フェラチオではコンドームをつけるべきですし、クンニではラップをあてるなどすべきです。性風俗にかかわる相手の性器は、決して生でなめたりくわえたりしてはいけません。

ソープ嬢の性器は、毎日大勢の人がなめたりペニスを入れたりしています。色んな人の共有物です。中には重い性感染症を患っている客もいるかもしれません。そんな人がなめつくし挿入しつくしたものには、STDの菌がたっぷりと付着しているでしょう。危険な菌だらけのアソコをわざわざなめるのは自殺行為です。また、最近は若い女性たちの間にもSTDが蔓延しています。女子高生などが「エンコー」で菌をまきちらしています。大変危険な存在ですので、決して近づいてはいけません。


放っておいては治らない!

性感染症は風邪などとは異なり、「自然に治る」ということはありません。かかったらすぐに治療を受けることが大切です。放置すれば、どんどんひどくなるだけです。場合によっては不妊の原因ともなり得ますし、STDにかかっていると粘膜が炎症を起こしていたり抵抗力が落ちたりしているために、HIVにも感染しやすくなるともいわれています。

感染したままセックスすれば、あなたを介して他の人にうつすことにもなります。被害の拡大を防ぐために、自覚症状があるときには性行為を控えるべきです。気になる症状があればすぐに受診すべきですが、たとえ症状が出ていなくても危険な行為をしたときには、念のため検査を受けるべきです。酔った勢いで知らない人とセックスしてしまった、風俗嬢やエンコー相手とオーラルセックスをした生で挿入した、といったときには、まずは検査をしてみましょう。

性感染症は、かからないように気をつけることがとても大切です。かかったかも、と感じたときにはすぐに検査を受けましょう。