自由診療でなるべく節約するためには?

病院で受ける治療の中には、健康保険が適用されるものとそうでないものがあります。保険が利く治療は、基本的に健康を回復するための治療であり、またその有効性や安全性が国によって確認されたものだけです。

ですから健康そのものに関わりない治療や、まだ試験段階中の新しい治療については、保険を使えない「自由診療」になります。


自由診療にはどんなものがあるの?

自由診療としてもっとも有名なのは、美容整形などの審美的な治療です。これは見た目を美しくすることが大きな目的ですので、保険を使うことはできません。

同じく審美的な意味合いが強い治療として、セラミッククラウンなどを使った歯科治療も挙げられます。削った歯の被せ物としては、金銀パラジウム合金や、プラスチックを使ったものが保険適応となり、より天然の歯に近いセラミックや人工ダイヤを使ったものは自由診療となります。 歯科でいうなら、他にもインプラントや歯列矯正なども自由診療です。

他には、男性のED治療や薄毛治療なども自由診療となります。薄毛治療については審美性が強いとして理解できますが、ED治療については賛否両論があるようです。たとえば事故や手術の後遺症としてEDになった場合にも、日本では治療に保険を適用することができません。

その他、視力を回復するためのレーシック手術や、不妊治療なども自由診療になります。またがん治療などでも、まだ有効性と安全性が確認されていないものは未認可の扱いとなり、自由診療となります。


自由診療をなるべく節約する方法とは

自由診療の治療費を節約するためには、まず「なるべく費用のかからない医療機関を選ぶ」という方法があります。

というのも、保険診療と違って自由診療の場合は、医療機関が自由に価格を設定できるからです。ですから美容整形にしてもレーシックにしても、各医院で料金に差が見られます。

ただし手術の場合、安さだけで選んでしまうのも危険ですので、適正価格というものを見極める必要があります。あまりにも安すぎるところは、技術的に信頼が置けない可能性もあるため気をつけましょう。

また治療内容によっては、診察料が無料で薬代のみ支払うシステムをとっていることもあります。たとえばED治療を専門とするクリニックの中には、初診料や診察料をすべて無料にしているところが見られます。特に持病などがない男性なら、こういったクリニックを受診するのも節約につながるでしょう。

他には、薬をなるべくジェネリックにするのも1つの方法です。自由診療の薬も、特許さえ切れればジェネリックは出てきます。自由診療の薬は全額自己負担になりますので、ジェネリックに切り替えることで大きく節約することが可能です。 たとえばED治療薬のバイアグラなどは1錠1,000円以上しますが、2014年から発売になったバイアグラジェネリックでは、実質半額ほどの料金に設定されています。

どうしても高額になりがちな自由診療ですが、このような工夫で少しは費用を節約できるはずです。