海外で病院にかかった時はどうなるの?

海外旅行先で病院にかからなくてはいけなくなった時、費用はどうなるのか不安になる人も多いと思います。この場合には、病院でいったん全額を支払った後、帰国してから「海外療養費」の申請をしますが、実際に戻ってくるお金は一部だけです。


海外療養費制度とは?

いくら保険料をしっかり払っていても、海外で日本の保険証は通用しません。ですからその場では病院の提示する金額をすべて支払う必要があります。 その際、帰国後の海外療養費申請に必要な「診療内容明細書」と、払った金額が記載された領収書が手渡されますので、失くさないようにしましょう。

帰国してから、加入している保険組合に連絡します。そして「療養費支給申請書」というものと、日本語に翻訳した診療内容明細書と領収書を添えて提出すると、現地で支払ったお金の一部が給付されるという仕組みです。

海外療養費は、現地で受けた治療を日本で受けた場合の診療報酬で計算され、そこから自己負担分を引いた金額になります。たとえば3割負担の人の場合、もしも海外で支払った額のほうが多かった場合は、日本で算定した額の7割が、逆に算定した額のほうが大きい場合は、海外で支払った金額の7割が給付されることになっています。

ですから海外で10万円の医療費を支払ったとしても、日本では5万円の計算だとすれば返ってくるお金はその7割である35,000円ということです。いずれにせよ、残念ながら実際に支払った額がそのまま戻ってくることはありません。 また美容整形など、日本で保険が適用されない治療についてはもちろん海外療養費の対象外です。


海外旅行の多い人は、保険の加入を検討しよう

実際、海外の国々では日本よりも医療費が高い国が多いですので、海外療養費だけで補てんすることは難しいといえます。たとえばアメリカは特に医療費の高さで有名な国ですが、虫垂炎(盲腸)の手術だけでも200万円以上かかることがありますし、それに1泊の入院もつけたとすれば500万円ほどもかかる可能性があります。

これが日本なら、ずっと低い金額で算定されますから、海外療養費を申請しても戻ってくるお金はほんの一部ということになります。実際、海外で救急受診を余儀なくされた人たちの中には、その費用負担の大きさにショックを受けている人がたくさんいるのです。 ちなみに海外で脳出血を起こして手術と入院をした際、数千万円の費用が請求されたというケースもあります。

ですから海外旅行をする機会の多い人は、専用の障害保険に入っておいたほうが安心です。よくクレジットカードに付帯されているものもありますが、多くは死亡時の保険料が手厚いだけで、医療費に関してはそれほど給付されません。やはりケガや病気に特化した保険に入ったほうがいいでしょう。

海外旅行の障害保険では、治療にかかったお金を1,000万円まで補償する商品が多く見られます。これなら万が一の場合にもかなり助かるはずですので、出発前にはぜひ加入を検討してみてください。