インフルエンザの予防接種は安い病院で受けよう

秋になるとインフルエンザの予防接種がおこなわれますが、その値段は病院によって異なります。インフルエンザのほかにも、任意接種と呼ばれる「患者さんが自由意思で受ける予防接種」については、自由診療となるため、病院側がそれぞれ料金を設定できるのです。 なるべく安く受けるためには、複数の病院でどこが1番安いかをリサーチすることが大切です。


接種代の相場は?

インフルエンザの予防接種代は、病院によっても異なりますし、同じ病院であっても去年と今年では違うこともあります。自由診療とはそういうものであり、病院側がワクチンの原価や人件費などを併せて決めています。

最近は病院のホームページが充実してきましたので、病院によってはサイト上で料金を公開することも増えましたが、実際に尋ねてみないと分からないこともあります。受けた人の口コミを参考にしたり、電話で質問したりしてみると良いでしょう。

全額自己負担となりますが、所得の低い人や高齢者などに助成をおこなっている自治体もありますので、保健所などに問い合わせてみましょう。

相場としては、大人では3,000円~4,000円で1回のみ、子どもでは2回接種で、1回目が2,000円~3,000円、2回目はそれより安いか、病院によっては無料としているところも少数ながらあります。

実は病院側にとっては、インフルエンザの予防接種に来る患者さんは「新規の顧客」という側面もあり、なるべくなら費用を抑えたいところのようです。そのため、予防接種専用の時間帯を設けたり、人件費がかからないよう接種にかかわるスタッフの数を減らしたりして、コストダウンをはかる病院も多くみられます。

ちなみに初めてかかる病院でも、基本的には初診料は発生しませんし、接種前の問診や検温の料金は接種代に含まれています。ただし病院によっては、カルテを新たに作成することから、初診料の保険適用分を接種代に組み込むところもあります。 なるべく安い料金のところで受けましょう。


接種と治療ではどっちが安い?

ちなみに予防接種のワクチンには、ジェネリック品は今のところ存在しません。一般的な薬と異なり、ワクチンの後発品を作るのは容易ではないためと考えられます。非常に安定した収益を得られることから、大手の製薬会社にとってワクチンの販売はかなり魅力的なビジネスのようです。

また、インフルエンザの特効薬であるタミフルにも、まだジェネリック品は出ていません。タミフルの日本における特許は、原則としては2016年までとなっていますが、延長の出願がされているため、さらに5年伸びる可能性が濃厚です。

タミフルのカプセルを5日分処方してもらうとすると、3割負担で1,000円強かかります。診察代や検査代と合わせても、ワクチンと比べると確かに安いため、人によっては「かかったらかかったで、治療すればいいや」と思うかもしれません。しかし健康な人はともかく、小さな子どもや高齢者、持病がある人などにとってインフルエンザは怖いものです。できるだけ安い病院を調べて、接種を受けたほうが安心でしょう。