保険の利かない薬を安く買う方法

病院でもらう薬の中には、健康保険が適用されないものもあります。いわゆる「自由診療」の薬です。そういった薬は全額自己負担になってしまいますので、ジェネリック医薬品が出ている場合は積極的に活用するようにしましょう。


自由診療の薬も、ジェネリック医薬品で節約!

自由診療の薬としては、たとえば避妊用の低用量ピルや、ED治療薬、薄毛治療薬や、美容目的のクリームなどがあります。これらはいずれも健康を回復するための薬とはみなされないため、保険を使うことができません。

たとえばバイアグラなどのED治療薬は、1錠1,300円~2,000円ほどもしますので、普通の薬に比べると非常に負担が大きくなります。こういった薬の費用を節約するためにも、ジェネリック医薬品が出ている場合はそちらを使うようにしましょう。

たとえば2014年には、国内でも正式にバイアグラジェネリックが発売されました(シルデナフィル OD 錠 50mgVI「トーワ」)。バイアグラの値段は、25mgで1錠約1,300円ですが、ジェネリックの発売時価格は50mgで1,250円が相場となっています。 つまり半分に割れば625円ということですので、本家バイアグラの約半額ということになります。

他にも、たとえば避妊用の低用量ピルにも、「ラベルフィーユ」や「ファボワール」といったジェネリック品が出ています。いずれも先発薬よりも価格が安く設定されていますので、節約のためにはぜひ活用したいものです。

ちなみに自由診療の薬代を節約するために、ネットの個人輸入に手を出す人がたくさんいますが、これは安全性から考えても絶対におすすめできません。特にED治療薬には偽造品が多く見つかっており、国も警鐘を鳴らしているほどです。 処方箋の必要な薬は、必ず医療機関で購入するようにしましょう。


自由診療の診察料は、病院によって異なる!

他には、「診察料の安いクリニックを受診する」という節約術もあります。 健康保険の適用されない自由診療では、薬代や診察料などはすべて医療機関が自由に決めることができます。極端にいえば、0円でもいいし1万円でもOKということです。

もちろん相場というものは存在しますが、その中でもなるべく良心的な設定にしているところを選ぶべきでしょう。

たとえばED治療などは、クリニックによっては初診料や診察料をすべて無料にしているところもあります。つまり純粋に薬代のみを支払うということです。これなら薬を処方してもらうたびに、高い診察料を払わずに済みますので、非常にお得だといえます。

他には、薄毛治療なども診察料を無料にしているクリニックがいくつか見られます。この場合も「プロペシア」などの薬代のみを支払うという形です。 その他、レーシック手術をおこなう眼科や、美容皮膚科などでも診察料をタダにしているところがありますので、受診する際はぜひチェックしてみましょう。