医者

ジェネリック医薬品を使おう

最近、病院や薬局、テレビなどでよく目にするようになったのが「ジェネリック医薬品」です。これは特許の切れた薬と同じ有効成分を配合した後発医薬品のことで、効果もほぼ同等な上、先発薬の約半額で購入できるメリットがあります。

医療費節約のためには、ぜひ活用したい薬です。


先発医薬品の3~7割で買える!

ジェネリック医薬品は、もととなる先発医薬品の特許が切れて初めて販売されます。最初に開発した製薬会社の利益を守るため、一定期間は専売特許が認められているのですが、その期間を過ぎると薬は公共の財産として扱われ、ジェネリック医薬品を作ることが可能になります。

先発薬にならって作ることから、開発・研究にかかる費用や年数をぐっと減らすことができ、その分価格も約3~7割安く設定されています。 海外の先進国ではかなり普及が進み、たとえばアメリカでは処方薬の7割近くがジェネリックとなっているほどです。

「同じ効果なら、少しでも安い薬を」と思うのは誰もが同じですが、日本ではまだ2割程度のシェアにとどまっています。ジェネリックに否定的な医師が多いことと、健康保険が充実しているために先発薬との価格差が大きくないことなどが理由として挙げられます。 しかし継続的に薬を使う必要のある人にとっては、ジェネリックに切り替えることで大きな節約につながるはずです。

最近では厚生労働省もジェネリックの普及に力を入れており、今後ますます多くの商品が認可され、出回ることが予想されています。


どこでも買えるわけじゃない!?

ジェネリック医薬品を扱っているかどうかは、薬局により異なります。だいぶ数は増えてきましたが、スペースの問題などもあり、すべての薬局で十分なジェネリックをそろえているとは限りません。比較的、規模の大きな薬局のほうが扱っている可能性は高いでしょう。

また、医師がジェネリックを認めるかどうかも関わってきます。処方箋をもらったら、「後発品への変更不可」という欄にチェックが入っているかどうかを見てみましょう。何もなければ、薬局に相談することでジェネリックに切り替えることができます。 ただし医師によっては先発薬にこだわる場合もあり、その際には処方箋にもチェックが入っているはずです。

またジェネリックは、先発薬とまったく同じ薬というわけではありません。有効成分や効能は同じでも、添加物やコーティングの仕方などが異なる場合もあるため、微妙な違いが生じることも考えられます。ジェネリックに否定的な医師は、まさにこのことを問題視しているようです。
こちらは参考になります⇒ジェネリック医薬品の正しい理解【浜松町第一クリニック】
しかし今ではほとんどのジェネリック品が、一定の検査を経て効果を確認されていますので、安心して使うことが可能です。念のため自分でも商品について情報を集め、納得した上で選びましょう。