人間ドックをお得に受ける方法

ある程度の年齢になると、誰しも一度は人間ドックを受けたいと思うようです。ですが、人間ドックは高額で、なかなか手が出せないという方も多い現状があります。 そこで、人間ドックにまつわる節約術について調べてみました。


人間ドックの魅力とは

人間ドックは、多数の検査をまとめて行うことで、気になる疾患を早期に発見することができるというメリットがあります。死亡率の高いガンをはじめ、多くの生活習慣病は、早期に発見できれば完治が可能となります。

これらの病気は、進行したあとでは完治が難しく、多大な医療費が必要となるだけでなく、場合によっては死亡する事もあるため、高額の検査料金を払ってでも人間ドックを受け、早期に病気を発見したいと思う方は多数存在します。

通常は、病院で一般的なものをあらかじめ設定したセットコースで申し込むことになるかと思いますが、その相場は3万から5万が一般的な料金相場となります。この金額に、気になる検査をオプションで付け足していきますので、最終的にはかなり高額になる場合もあるでしょう。

たとえば、一度の検査で体中のガンが発見できるとして人気の高いPET検査は、それだけで10万円近い費用となります。

自分のリスクをじっくり検討し、どの検査を受けるかを選択することで、余計な費用を節約することができます。


オススメの検査項目は?

それでは、どんな検査を受けるのがよいでしょうか。 現在、特に気になる部位がないのであれば、胃ガン、大腸ガンに加えて女性なら子宮ガン、男性では前立腺ガンの検査を行うのが賢い選択となります。

胃ガン、大腸ガンの検査は、できれば内視鏡検査を選択すると、より詳しい検査となり、オススメです。 これだけの検査で、費用は6万から8万程度になることと思います。


全額を支払わなくて済む方法

検査項目を厳選して、できるだけ金額を抑えても高額となる人間ドックですが、費用をすべて自分で支払わなくても良い方法があります。国保や社会保険から補助金が出る場合があるのです。 まずは国保の場合を見てみましょう。 国保には、人間ドック助成金制度があります。かかった金額によって、一定の助成金を出すというもので、最高で3万円までの補助金が受け取れます。

次に社会保険ですが、それぞれの運営元によって若干の違いがありますが、ほとんどの場合、助成金が準備されています。人間ドックを受ける前には、一度相談されるとよいでしょう。

また、生命保険会社で人間ドックの補助金を出すところもあります。 例えば、ニッセイでは、提携医療機関で人間ドックを受診すると、検査費用から最大30%の割引などのサービスを提供しています。 生命保険会社に連絡すれば、医院の予約手続きも代行してくれるため、上手に使えば便利なサービスとなります。

お金の節約も大事ですが、健康は何より大切な資産となります。早期の発見は、結果的に大きな節約となります。 助成金サービスなどを有効活用し、人間ドックにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。