早いほどいいの?風邪で医者に行くタイミング

風邪を引いたときは、どのタイミングで病院に行くのが最も効率的なのでしょうか?多くの方が「引きはじめが肝心」と、早めに病院に行くことと思いますが、実はこれ、ほとんど意味がない行為だと言われています。


風邪そのものを治す薬はない

薬局に行くと、大量の「風邪薬」が販売されていますが、風邪そのものを治療する薬は、この世に存在しないという事をご存じでしょうか?

市販されている「風邪薬」とは、熱を冷ます、のどの痛みを抑えるなど、風邪によって起こる体の不具合を解消するための対処薬です。ですので、薬を飲んで風邪を治すことは、もともと不可能なのです。

しかし、「風邪には抗生剤が効く」と信じていらっしゃる方も多数存在していて、風邪を引いたらすぐに病院に行き、抗生剤を処方してもらう方も多いことと思います。

ですが、抗生剤は細菌にしかきかない薬で、ウイルス性の疾患である風邪には、効果がないことが分かっています。 海外では、風邪の症状では病院で薬を出さないのが一般的な治療方法となっています。 現に、実験データとして、薬を飲んだ場合と飲まなかった場合の数日後の症状を比較すると、全く変わらなかったという調査結果もあります。


一番のクスリは休養

本来、風邪の対処法として最も効果があるのは「休養」です。 体調が悪い中、混み合った病院でつらい思いをしながら長時間待ち、効果が期待できない薬をもらうよりは、その時間をしっかり休むことに使った方が、結果的に早く治りますし、医療費も節約できます。

とはいえ、会社によっては休みを取るのには「医師の処方箋」が必要という所もあります。 休みが取れなかったとしても、事情を同僚や上司に説明し、早めに帰宅させてもらうなどして、まずは体を休める事が大切です。

つらい症状のせいで睡眠が取れない場合は、症状に合わせた薬を購入して飲むとよいでしょう。漠然と「総合感冒薬」などを飲むと、必要ない成分まで体内に取り込んでしまい、かえって悪化させてしまう可能性があります。


病院に行くタイミングは

では、風邪の際は、全く病院に行かなくてもよいかというと、そうではありません。 たとえば、いつまでたっても咳が止まらない、頭痛が治まらないなど、症状が長期化するときには、何か他の病気と言う可能性がありますので、病院で診察を受けた方が良いでしょう。 また、糖尿病などの持病がある方は、症状が悪化しやすいため、早めに病院へ行く必要があります。

他にも、特に小児では熱に伴って脱水の症状が現れることが頻繁にあります。ぐったりしている、水分が取れないなどの時は、できるだけ速やかに病院に行った方がよいでしょう。

多くの方は「風邪では病院に行かない」という選択をするだけで、医療費はもちろん、時間もかなり節約できることとなります。 さらに、市販薬をしっかりと見極めて、症状に合わせた薬を選択することで、風邪を早く治すことにつながり、結果的に節約へとつながります。 賢い選択で早めの回復と節約が同時に手に入ります。