がん保険って入ったほうがいいの?

医療費を節約するためには、民間の医療保険に入っておくことも大切です。月々の支払いは増えてしまいますが、万が一の際に助かります。 しかし多くの人が悩んでしまうのが、がん保険の加入です。通常の医療保険に入っている場合、がん保険をプラスするべきかどうか迷うものです。
加入中の保険をしっかり見直し、必要な補償だけつけるようにしましょう。


普通の医療保険とのちがい

「もう保険は入っているし、がんでも給付金が出るから大丈夫」と思う人も多いのですが、大きな違いが入院給付金の上限日数になります。多くの医療保険では、「最高60日まで」など、入院給付金が出る日数に制限があるのですが、がん保険ではそれがない点が特徴です。
がんの場合、再発や転移のほか、一時帰宅などで入院と退院をくり返すことが多いため、このようなシステムとなっています。総合医療保険にしか入っていない場合、長期の入院になると規定以上の給付金を受け取れないことがありますので気をつけましょう。
またがん保険特有のシステムといえば「診断給付金」というものがあります。これは、がんの診断を受けた時点で支払われるお金で、100万などある程度まとまった金額がほとんどです。まだ治療内容が決まらないうちに受け取ることができるのは、お金が手元にないことで、選べる治療が少なくなってしまうことを防ぐためです。
このように、総合医療保険とは違いがありますので、しっかり認識した上で必要かそうじゃないかを検討しましょう。


がん保険の選び方はそれぞれ

たとえば他の医療保険に加入している場合、そちらから給付されるお金も計算した上で、足りない分をがん保険で補てんするのが賢い方法です。たとえばがん保険では診断給付金をメインにしたプランを選んで、入院費などは他の保険でまかなう、ということもできます。診断給付金の額が多ければ、十分それで補てんできるかもしれません。
もっともバランスのとれたプランは、診断給付金が100万、入院給付金が1日1万というものです。多くのがん保険では、これくらいの補償内容がスタンダードとなっています。
まだ若いうちにがんに備えるなら、定期タイプの「実損補てん型」を選ぶのも手です。これは月々1000円台などの安い支払額で、がんにかかった時の治療費(自己負担分)をすべてそのまま補てんしてもらえるプランになります。つまり持ち出しが発生しないのです。 40歳までなら、支払額がかなり安く設定されていますので、まずはこういったプランで備えておくのもおすすめです。
がんは日本人の死因の中でも第1位を占めています。いざという時に治療費に慌てないよう、賢く保険を選びましょう。